サーバー専用データ消去ラック稼動開始

ニュースnews

ニュース

サーバー専用データ消去ラック稼動開始

更新日:2018/07/24

ティーズフューチャーのデータ消去センター(神奈川県秦野市)にこのほどサーバー専用のデータ消去設備が完成し今月より稼動を開始しました。

この最新鋭データ消去ラックには最大48台のHDDを装着することができ、それらを一度にデータ消去する能力があります。消去方式は米国立標準時術研究所(NIST)規格準拠の方式を採用、企業の貴重なデータを安全確実に消去致します。消去の記録はパソコンのデータ消去管理で定評のあるトレーサビリティーシステムで管理され、本体の記録と共にWEB上でいつでも閲覧が可能です。

この専用ラック完成によりパソコンでもサーバーでも同じような高度で安心できるサービス提供が可能になりました。是非ご利用をご検討下さい。

お問い合わせはこちらから

 

 


夏季休業のお知らせ

ニュースnews

ニュース

夏季休業のお知らせ

更新日:2018/07/18

平素は格別のご愛顧を賜りまして誠にありがとうございます。
当社では誠に勝手ながら、以下の日程を夏季休業とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

【夏季休業期間】
2018年8月11日(土)~2018年8月15日(水)

 

 


R2認証を取得

ニュースnews

ニュース

R2認証を取得

更新日:2018/06/13

R2:2013(Responsible Recycling:責任あるリサイクル)

が認証されましたことをご報告させていただきます。

認定日:2018年6月13日

R2についてはこちらをご覧下さい。


サービスページ

 

PC処分に潜むリスク・・・多くのお客様が抱える不安の声

  • ■ データ消去の結果が見えない…
  • ■ そのHDDは、本当にそのPCに内蔵されていたものか…
  • ■ PC1台に複数台HDDが内蔵されていた場合は…?
  • ■ HDDが故障している場合の対応は…?
  • ■ 引渡した後、どこでどのように処理されているのか不明…
  • ■ 本当に廃棄されているか不安…
  • ■ 何かあった際はどう証明するのか?

T’s Futureが全て解決致します!
各お客様の諸事情にマッチした最適な処理方法・手続きを当社担当営業がご提案いたします。

 

 

ティーズフューチャー5つの特徴

 

情報管理システムや運営体制など多様な視点からサービスの信頼度を高め、
お客様に安心してご依頼いただけるサービス環境をご提供しています。

安心のトレーサビリティシステム完備

確立された消去フロー及び信憑性の高い証明書

セキュリティ完備&公正な監査体制

OA機器全般の買取及び廃棄に対応[全国対応可]

豊富なお取引実績、大規模案件にも対応可

「ティーズフューチャーなら間違いない」安心感をご提供!

データ消去サービス

データ消去の懸念事項は全て解決。
業界唯一のデータ消去ログ管理システムを確立しています。

安心のトレーサビリティシステム完備

トレーサビリティシステムとは、HDDのデータ消去を行ったPC本体とそのHDD(またはSSD)の情報や消去結果をオンライン上で閲覧頂くことができるサービスです。
HDD単位で情報の確認をして頂き、情報管理にも活用して頂ける当社独自のサービスです。

  • 案件単位で回収機器明細の確認が可能
  • 1台単位で各明細及び搭載HD情報、消去ログや画像が閲覧、取得可能
  • 不具合等で消去できないHDDは破砕前、破砕後の画像を閲覧可能
  • 上記情報を必要な時に閲覧及びDL可能

 

確立された消去フロー及び信憑性のある証明書

消去フローについてはシステム上で登録された個品情報と消去ログがマージされていない製品は出荷工程に移行できないシステムを取り入れています。
証明書につきましては、トレーサビリティで確認できている情報を基に作成しているため、信憑性のある証明書を提出しています。

    • NIST方式と米国防総省準拠方式が標準仕様
    • 消去ログは本体(シリアルNo.)、それに内蔵されたHDD(またはSSD)のシリアルNo.を紐付けて開示
    • 消去不可HDDは穴あけ作業後、破砕
    • 消去不可HDDは穴あけ前・後の画像を個品単位で紐付けされ情報を開示

  • より信頼度の高いデータ消去証明書を提出

[消去漏れが100%発生しない消去漏れ対応防止策のイメージ]

 

 

業界最高基準のセキュリティ施設&公正な監査体制

リユースリサイクルセンターを専用施設として設けています。

    • 各出入り口に防犯カメラを設置
    • 各部屋の出入り口に指紋認証機を設置
    • 第三者機関による月1回の抜き打ち監査

»»» 事業ネットワーク 「リユースリサイクルセンター」 詳しくはこちら

»»» 「取得許可」 詳しくはこちら

リユースサービス

OA機器全般の買取および廃棄に対応 [全国対応可]古物商+廃棄物処分業許可を取得しているため、不良による廃棄品も再委託なく、ワンストップで処理が完結可能です。

  • オフィスから排出されるOA機器全般、什器備品の取扱い可能
  • 全国対応、自社便による出張回収、オンサイト対応可能
  • 買取から廃棄まで当社1社でワンストップに完結

▼ リユース可能品

・ノートブック   ・LCD一体型  ・タブレット端末   ・サーバー

・デスクトップ   ・LCDモニタ    ・スマートフォン   ・ネットワーク機器

※上記以外の機器もリユース可能な場合があります。

前年度分(1-12月)のご依頼いただいたPCに対して、CO2削減報告書を毎年5月末に提出させていただきます。お客様のCSR活動にお役立てください。

 

大手金融機関を主に1,000社以上の取引実績

銀行、証券、生損保、製薬をメインに年間20万台以上を取扱

証券会社A
全国支店のシステム更新に伴う専用端末6500台の案件浮上。限られた予算内での対応にあたって、使用済みPCを売却する方針となった。買取各社が提案を行なったが、セキュリティの安全性から当社を採用。

証券会社B
合併、支店統廃合に伴い全国支店から不要PCの回収、消去、買取を当社が行った。前年比5倍、6000台にもなる端末処分を行った同社であったが、費やしたコストは前年度の廃棄に比べ半分に抑えることができた。

製薬会社C
PC端末は全国各事業所が各々の裁量で処分していたが、セキュリティ及びCSRの見地から同社所定の業者を選定。買取、廃棄ベンダーが軒並み提案を行う中、廃棄物削減、情報に関わる安全性、コスト等を総合的に勘案した上で当社のリユースサービスを採用。年平均2500台に上るPCを当社がリユースしている。

銀行D
社内端末4000台のリプレイスに伴い不要機器を当社がリユース。PCリユースに懸念を抱く声があったが、トレーサビリティサービスにて不安を払拭。全国ATMの廃棄も対応。

リサイクルサービス

 

使用済みOA機器を素材ごとに徹底的に手作業での解体を行い、できる限り資源として再資源化を行うサービスです。
当社は、アライアンスパートナーであるPCメーカーが認定を受けた「産業廃棄物広域認定」の指定業者として、環境省の許可を受けた処理フローに基づき、廃棄処理を行っています。

 

数ある廃棄委託先の中でT’sFUTUREを選ばれるお客様の一番の選定ポイントは「安心感」です。
昨今、ISOやISMS等の許認可取得・保持が必須課題とされるなか、ご担当者様は委託先への厳しい監査義務を課せられています。定期メンテナンスによる徹底した維持管理の下、法規制を順守し、環境負荷の軽減に取組みます。
また、販売先はR2基準を取得している取引先様のみに販売を行っています。
※当社にご依頼いただいた産業廃棄物についてお客様が行政に報告義務のある年次報告書をお客様に代わり作成させていただきます。

 

取扱品目

・パソコン  ・モニタ  ・汎用機   ・電話主装置

・プリンタ   ・ラック   ・サーバ     ・OA機器全般

 

オンサイトサービス

[NIST方式による上書き消去]

[ドリリングによる穴あけ消去処理]

[磁気破壊によるデータ消去処理]  

 

所有設備

 

 

回収サービス

 

全国対応・時間指定も可能でございます。

詳しくは、下記お問い合わせフォームからご連絡ください。

販売

当社でデータ消去と動作確認を行ったPCをはじめとするOA機器と、資源ごとに分別されたレアメタルを含む有価物等の販売を行っています。
詳しくは下記お問い合わせフォームからご連絡ください。

 

[必須]お問い合わせ種別
[必須]お問い合わせ内容
[必須]企業名
[必須]お名前
[必須]メールアドレス
[必須]電話番号
個人情報保護方針 個人情報保護方針ページ
同意する

情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

株式会社ティーズフューチャー(以下、「当社」という)はPCやOA機器に関する情報セキュリティ・環境サービス事業において取り扱う情報資産について、社会的使命を十分に認識し、情報主体の権利の保護、情報セキュリティに関する法規制等を順守します。

当社は、データ消去サービスを依頼された全てのお客様の「情報」を確実に消去し、お客様に「最高の安心と満足」を提供することを主たる使命と捉え、情報セキュリティ基本方針を策定し、本方針を具現化するべく情報セキュリティマネジメントシステムを構築します。

また最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動を常に認識しながら、情報セキュリティマネジメントシステムの継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言します。

対象となる資産

お客様からお預かりしたPC内のデータは勿論、当社の管理下にあるコンピュータやネットワーク設備・施設、ソフトウェアデータ及びその格納媒体、ドキュメントや契約書類、ノウハウや知的財産を対象とします。

情報セキュリティリスクへの対応

情報セキュリティリスクを分析、評価し、必要な対策の実施、対策の管理及び有効性の監視を継続的に実施します。

また、情報資産の機密性、完全性、可用性を維持するために組織的、技術的に適切なセキュリティ対策を講じます。

法令等の順守

当社に適用される、情報セキュリティに関する法規制及びその他の要求事項を順守するとともに、お客様と締結した契約上のセキュリティ義務を順守します。

継続的改善

当社は情報主体のニーズ、IT技術の動向等を含めた当社を取り巻く環境の変化を踏まえ、適時・適切に情報セキュリティマネジメントシステムを見直し、その改善を継続的に推進します。

本方針は、社内教育及び情報セキュリティマネジメントシステムを通じて、全従業員に周知徹底を図るとともに、一般にも開示いたします。

制定日:平成22年10月1日
改定日:平成22年11月1日

株式会社 ティーズフューチャー
代表取締役 安川 鋼

環境・労働安全衛生方針

環境・労働安全衛生方針

当社は情報機器のリユース・リサイクルビジネスを通して、商品の長寿命化及び資源の再利用を促進し「地球環境の保護」に貢献します。
今後さらに、周辺地域から地球規模の温暖化防止など環境負荷低減、安全・快適な職場環境の実現のために環境・安全衛生マネジメントシステムを構築し、継続的改善を進めます。
また、当社に適用される環境・安全衛生に関する法規制及びその他の要求事項を順守します。

当社は次の事項を重点項目として取り組みます。

環境重点項目

  • 商品のリユース率向上に努めます。
  • 廃棄物のマテリアルリサイクル率向上に努めます。

労働安全衛生重点項目

  • 従業員の労働安全衛生に関する意識の高揚を図ります。
  • 労働安全衛生リスクの低減活動を推進することにより労働災害0件を目指します。

この方針は社内教育及び環境保全・安全衛生活動を通じて、全従業員に周知徹底を図るとともに、一般にも開示いたします。

制定日:平成21年8月25日

株式会社 ティーズフューチャー
代表取締役 安川 鋼

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

個人情報の取り扱いについて

1.お客様から提供される個人情報(管理および利用目的)

当社は、お客様が当サイトにご入力された情報、またはその他の方法でご提供された情報を受け取り、法令、ガイドラインおよび当社の内部規則に従い、個人情報保護に努めます。

また、個人情報の管理責任者を設置し、その役割を明確にして、管理責任者が適切に個人情報保護に関する活動を行えるように環境を整備いたします。

ご提供いただいた情報は、商品の配送に関する対応、ご請求に対する対応、今後のサービスの向上、お客様との連絡などの目的に利用されます。

お客様に関する情報は、当社の業務にとって重要なものであり、以下の場合を除き当サイトはそれらの情報を第三者に提供することは致しません。

  • 法令の遵守、利用規約とその他の合意の援用、適用、お客様などの権利、財産、安全の保護のために適切であると判断した場合(これには、詐欺被害および信用リスク対策のために行われる、企業やその他の組織との情報交換も含まれます。)ただし、本規約に記載された義務違反となるような商業目的のために、お客様からの個人識別情報を販売、レンタル、共有、その他開示することは含みません。
  • お客様にご承諾いただいた場合お客様に関する情報が第三者に渡る可能性がある場合、当社は、その旨をお知らせします。その際、お客様は個人情報の利用または提供を拒否することができます。

2.第三者から委託された個人情報の利用目的(個人情報保護法第18 条第1 項に関する公表)

現在、当社が第三者から委託されている個人情報の利用は以下のとおりです。

  • リユース・リサイクルPCの回収および料金の決済に関する業務受託

3.代行業者(外部委託)

当社は、業務の一部を他社に委託しています。委託業務には、商品の配送、郵便物の送付、クレジットカードによる支払いの処理、カスタマーサービスなどが含まれます。

代行業者は、上記の業務を遂行するために必要な個人情報を利用しますが、それ以外の目 2 的で利用することはありません。

委託に際しては、適切に個人情報を取り扱っていると認められる業者を選定し、契約等において個人情報の適正管理・機密保持などお客様の個人情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させます。

4.販売促進活動

当社は、一部の選ばれたお客様に対し、当サイトに関連するサービス並びに当社が行なう当サイト以外のサービスに関わる広告をお送りすることがあります。

広告は、当社(又は当社と機密保持契約を結んでいる代理人)からのみ送付されます。もしこの様な内容のご案内が不要である場合は、情報をご提供いただく際にお知らせください。

5.第3者サイト(リンクサイト)

当社のウェブサイトには、当社が運営していない他社のウェブサイトへのリンクが貼られております。当社は、自社が運営していないウェブサイトにおける個人情報の取り扱いについては、責任を負うことはできません。

6.個人情報の開示・更新等

当社は、当社がお客様からお預かりしている個人情報について、お客様ご本人から開示・修正・削除のお申し出があった場合、合理的な範囲で開示・修正・削除をいたします。ただし、他のお客様の生命・身体・財産その他の利益を害するおそれのある場合、または当社の業務遂行に著しく支障をきたすと判断した場合は、この限りではありません。

また、法令等に定めのある場合は、当該法令に基づいて適切な対応をいたします。お客様ご本人から開示等のお申し出に対する具体的手続きは以下の通りです。

(1)「個人情報に関する開示等申請書」の提出

開示等のご請求を行う場合は、当社の「個人情報に関する開示等申請書」に所定の事項を全て記入の上、本人確認のための書類(2)を同封し下記の個人情報お問合わせ窓口に持参又は郵送していただきます。

(2)ご本人確認の実施
1.面談による場合
a)従業員の場合は社員証等の提示にて確認を取ります。
b)お客様及び採用応募者の場合は運転免許証、各種健康保険証、年金手帳等、旅券(パスポート)、住民票の写しのいずれかの提示にてご本人の属性(生年月日等)を複数質問し確認を取ります。
c)代理人の場合は代理人であることの証明として、当該ご本人からの委任状と当該ご 3 本人の住民票の写しがあることを確認します。さらに代理人自身のご本人確認を運転免許証、各種健康保険証、年金手帳等、旅券(パスポート)、住民票の写しのいずれかの提示にて、ご本人の属性(生年月日等)を複数質問することによって確認を取ります。
2.郵送による場合
a)運転免許証、各種健康保険証、年金手帳等、旅券(パスポート)、住民票の写しのいずれかのコピーの送付を受け、こちらから電話し、ご本人の属性(生年月日等)を複数質問することによって確認をとります。
b)代理人の場合は代理人であることの証明として、当該ご本人からの委任状と当該ご本人の住民票の写しがあることを確認します。さらに代理人自身のご本人確認を運転免許証、各種健康保険証、年金手帳等、旅券(パスポート)、住民票の写しのいずれかのコピーの送付を受け、こちらから電話し、ご本人の属性(生年月日等)を複数質問することによって確認を取ります。
3.不審者への対応
ご本人確認ができないなど、不審な問い合わせ、開示請求を受け付けた場合には、速やかに対応措置をとります。
(3)手数料の入金確認後、「個人情報に関する開示等申請書」の内容に従い開示

手数料及びその徴収方法

  1. 開示、利用目的の通知の請求にあたり1件につき500円(為替発行料金等は本人負担) とします。
  2. この手数料には当社からご本人への郵送の際の簡易書留料金を含みます。
  3. その他、実費を要した場合は、別途、請求とします。
  4. 内容の訂正・追加・削除・および利用停止の場合は、手数料は徴収しません。
  5. 手数料の徴収方法は、定額小為替とします。

7.収集項目の任意性について

当社が収集させていただく個人情報は、お客様のご意思によってご提供いただくものです。個人情報の入力によって得られるサービス等の内容を確認いただいた上で、ご入力ください。ただし、必要な項目をいただけない場合、各種サービス等が適切な状態で提供できない場合がありますのでご了承下さい。

セキュリティについて

1.SSL(Secure Sockets Layer)の採用

当サイトは、ご利用のお客様が個人情報を入力されるページには、SSL(Secure Socket Layer)による暗号化機能を有したサーバを使用しており、日本ベリサイン株式会社の認証を受けております。
SSL の採用によりお客様より入力された個人データは暗号化されて送信されます。
※SSL 暗号化機能は盗聴やクラッキングから護ることができ、個人データが第3 者へ漏れる可能性は低いとされています。

2.本人認証

お客様のユーザーID とパスワードはお客様を識別するものであり、大切なものです。
不正アクセスのトラブルを避けるためにも、パソコンの利用を終わられるときには、必ずブラウザを閉じることをお勧めします。

3.クッキー(cookie)について

当サイトをより快適にご利用いただくためCookie を使用させていただくことがあります。
これはお客様のプライバシーを侵害するものではありません。
また、個人情報管理、セキュリティ管理などには一切利用しておりません。
ブラウザの設定によりCookie を無効にすることが可能ですが、当サイトの一部機能が制限される場合があります。

免責について

当社では、お客様の不注意によりIDおよびパスワードが第三者に利用された場合は、ご登録いただいている個人情報を閲覧される可能性がございますので、ご利用にあたっては、使用および管理について責任を負うと共に、使用上の過誤または第三者による不正使用等について十分注意をして下さい。

プライバシーポリシーの改定

当社では、利用目的の変更、関連法令等の改定に応じてプライバシーポリシーを予告なく改定する場合がございます。

個人情報お問合せ窓口

宛先 株式会社ティーズフューチャー 個人情報担当窓口
住所 東京都中央区八丁堀4-2-2 ヒューリック京橋イーストビル 8階
TEL 050-5530-6424
FAX 03-5550-5222
E-mail privacy@tsfuture.jp 宛てにお問合せください。
受付時間 平日9:00~12:00 / 13:00~18:00(土日祝日はお休みさせていただきます)
  • 制定日:2006 年4 月17 日
  • 改定日:2006 年6 月61 日
  • 2007 年1 月19 日
  • 2008 年9 月16 日

個人情報保護方針

個人情報保護方針

株式会社ティーズフューチャー(以下、「当社」という)は、PCやOA機器に関する情報セキュリティ・環境サービス事業において取り扱う全ての個人情報の保護について、社会的使命を十分に認識し、情報主体の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守します。

また、以下に示す方針を具現化するための個人情報マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、個人情報マネジメントシステムの継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言します。

  • 当社は、事業内容や規模、事業遂行の中でお預かりする個人情報の重要性と厳正に保護することの社会的責任を十分考慮し、当社の正当な事業遂行上並びに従業員の雇用、人事管理上必要な範囲に限定して、適切に取得・利用・提供をします。
  • 当社は、個人情報への不正アクセスまたは個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏洩などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じ事業の実情に合致した経営資源を注入し個人情報セキュリティ体制を継続的に向上させます。また、万一の発生時には速やかに是正措置を講じます。
  • 当社は、個人情報保護に関する法令およびその他の規範を遵守します。
  • 当社は、保有する個人情報に対するお問合せや苦情に対して、受付、対応の体制と手順を整備し、迅速に対応します。
  • 当社は、情報主体のニーズ、IT技術の動向等を含めた当社を取り巻く環境の変化を踏まえ、適時・適切に個人情報保護マネジメントシステムを見直しその改善を継続的に推進します。

本方針は、全役員および従業員に配付して周知させるとともに、当社のホームページ(www.tsfuture.jp)、パンフレットなどに掲載することにより、いつでもどなたにも入手可能な措置を取るものとします。

  • 制定日:2006 年14 月17 日
  • 最終改訂日:2018年 4 月 2 日

株式会社 ティーズフューチャー
代表取締役 安川 鋼

個人情報お問合せ窓口

宛先 株式会社ティーズフューチャー 個人情報担当窓口
TEL 050-5530-6424
FAX 03-5550-5222
E-mail privacy@tsfuture.jp 宛てにお問合せください
受付時間 平日9:00~12:00 / 13:00~18:00(土日祝日はお休みさせていただきます)