企業情報Company Information

会社沿革

1990年03月

事務機器のリサイクル事業を目的として、兵庫県尼崎市に日新産商株式会社を設立

1991年10月

神奈川県産業廃棄物処分業許可、収集運搬業許可を取得
神奈川県秦野市に工場(元リサイクルセンター)を開設

1995年11月

神奈川県秦野市に本社移転

1996年04月

家電製品協会の廃冷蔵庫フロン回収実証研究設備(国内初)がリサイクルセンター内に完成、実証研究が行われた

1997年12月

本社及び工場(元リサイクルセンター)においてISO14001を認証取得

1999年07月

中古パソコンのリユース事業を目的として、東京都中央区に株式会社タオを設立
当該会社は2004年4月に日新産商株式会社と合併し、存続会社である日新産商株式会社は合併と同時に社名を株式会社タオに変更
(合併消滅会社である株式会社タオと合併後の株式会社タオを区別するため、以下では、合併消滅会社を「旧タオ」という)

1999年09月

大阪市産業廃棄物処分業許可を取得
大阪市西淀川区に関西リサイクルセンター(のちに西日本リサイクルセンター)を開設

1999年12月

オークションサイト「TAOオークション」
(現オークション)を開始(旧タオ)

2001年11月

中古パソコン販売の直営ショップTAO秋葉原店
(のちにPCショップOraOrA!)を開設(旧タオ)

2002年01月

千葉県習志野市に東日本キッティングセンター(元首都圏リユースセンター)を移設(旧タオ)

2002年10月

デル(株)の広域再生利用指定に係る指定業者として登録
神奈川県秦野市に東日本キッティングセンターを開設(旧タオ)

2003年03月

アップルコンピュータ(株)の広域再生利用指定に係る指定業者として登録

2003年04月

神奈川県秦野市に秦野第二工場(元リユースセンター)を開設(旧タオ)

2003年11月

沖電気工業(株)、(株)沖データ、(株)沖電気カスタマアドテックの広域再生利用指定に係る指定業者として登録
関西リサイクルセンター(のちに西日本リサイクルセンター)内に西日本キッティングセンターを開設(旧タオ)

2004年04月

リユース事業強化のため、日新産商株式会社が旧株式会社タオを吸収合併し、商号を株式会社タオに変更
関西リサイクルセンターと西日本キッティングセンターを統合し、西日本リユースリサイクルセンターに名称変更

2004年06月

東京都中央区八丁堀に本社移転

2006年06月

商号を株式会社ティーズフューチャーに変更

2007年02月

東京都中央区明石町に本社移転

2009年07月

神奈川県秦野市にリユースリサイクルセンターを開設
(敷地総面積:1,572坪、建物総床面積:1,048坪)
首都圏リユースセンター、東日本リユースセンター及び東日本リサイクルセンターをリユースリサイクルセンターに移転・統合

2009年10月

西日本リユースリサイクルセンターのリユース事業を廃止し、西日本リサイクルセンターに名称変更

2009年11月

本社及び全てのセンターにおいてISO9001、ISO14001、OHSAS18001を認証取得

2010年05月

韓国で中古パソコンのリユ-ス事業を展開するために、合弁会社 Secureco Co. Ltd.(のちにT’s Future Korea., Ltd.)を設立

2010年09月

韓国での新規事業および資金運用を目的として、100%子会社 T’s Future Korea., Ltd. (のちにT’s Future Capital., Ltd.)を設立

2010年12月

本社及びリユースリサイクルセンターにおいてJIS Q 27001(ISO/IEC 27001)を認証取得

2011年03月

インターネットを利用した情報通信システムの企画、開発、設計、管理運営に関する事業を目的として、100%子会社 株式会社プロビング(のちに株式会社ワールドラダージャパン)を設立