画像:ビジネスビル

PHILOSOPHY企業理念・沿革

テキスト:最高の安心と満足

Philosophy

企業理念

  • お客様に最高の安心と満足を提供します。

    目に見えない「情報」を確実に消去することで、お客様に「最高の安心と満足」を提供することが当社の使命です。

  • 会社と共に社員全員が成長し豊かになります。

    会社の永続的な発展とともに、全ての社員が人間としての成長を実現し豊かさを手に入れます。

  • 社会的に存在価値がある会社になります。

    情報機器のリユース・リサイクルビジネスを通して、商品の長寿命化及び資源の再利用を促進し、「地球環境の保護」に貢献します。

History

会社沿革

1990年03月
事務機器のリサイクル事業を目的として、兵庫県尼崎市に日新産商株式会社を設立
1991年10月
神奈川県産業廃棄物処分業許可、収集運搬業許可を取得
神奈川県秦野市に工場(元リサイクルセンター)を開設
1995年11月
神奈川県秦野市に本社移転
1997年12月
本社及び工場(元リサイクルセンター)においてISO14001を認証取得
1999年03月
財団法人グリーン・ジャパン・センターより再資源化開発事業における会長賞を受賞
1999年07月
中古パソコンのリユース事業を目的として、東京都中央区に株式会社タオを設立当該会社は2004年4月に日新産商株式会社と合併し、存続会社である日新産商株式会社は合併と同時に社名を株式会社タオに変更(合併消滅会社である株式会社タオと合併後の株式会社タオを区別するため、以下では、合併消滅会社を「旧タオ」という
2002年01月
千葉県習志野市に東日本キッティングセンター(元首都圏リユースセンター)を移設(旧タオ)
2002年10月
デル(株)の広域再生利用指定に係る指定業者として登録 神奈川県秦野市に東日本キッティングセンターを開設(旧タオ)
2003年04月
神奈川県秦野市に秦野第二工場(元リユースセンター)を開設(旧タオ)
2004年04月
リユース事業強化のため、日新産商株式会社が旧株式会社タオを吸収合併し、商号を株式会社タオに変更関西リサイクルセンターと西日本キッティングセンターを統合し、西日本リユースリサイクルセンターに名称変更
2004年06月
東京都中央区八丁堀に本社移転
2006年06月
商号を株式会社ティーズフューチャーに変更
2007年02月
東京都中央区明石町に本社移転
2009年07月
神奈川県秦野市にリユースリサイクルセンターを開設
(敷地総面積:1,572坪、建物総床面積:1,048坪)首都圏リユースセンター、東日本リユースセンター及び東日本リサイクルセンターをリユースリサイクルセンターに移転・統合
2009年11月
本社及び全てのセンターにおいてISO9001、ISO14001、OHSAS18001を認証取得
2010年05月
韓国で中古パソコンのリユ-ス事業を展開するために、合弁会社 Secureco Co. Ltd.(のちにT’s Future Korea., Ltd.)を設立
2010年12月
本社及びリユースリサイクルセンターにおいてJIS Q 27001(ISO/IEC 27001)を認証取得
2011年11月
東日本大震災義援金 2,444,450円 寄付
2018年03月
リユースリサイクルセンターにおいて R2:2013(Responsible Recycling:責任あるリサイクル)を認証取得
2018年06月
東京都中央区八丁堀に本社移転
2019年10月
東京都千代田区に店舗「OraOrA!Returns」開店
2021年01月
ROCS(Remote Onsite Crush Service)サービス開始
error: Content is protected !!